totoNAVI

--スポンサーサイト様--

クイズに当たれば必ず当選の公式サイト
-------------------

Jリーグの歩き方

Jリーグは今や、非常に底辺の広い全国規模のリーグに成長しました。

その中から、数々のスーパースターが生まれてくるわけですが、プロになってから劇的な成長を遂げ、代表に上り詰めていく選手も少なくありません。
現在の代表を見てみると、「ユース時代全くの無名」という選手の多さに驚かされます。
闘莉王(浦和)、中澤(横浜FM)、中村憲剛(川崎)などはその代表格です。

これは確実にJリーグ効果と呼べるもので、チーム数が多くなって、リーグ全体の選手枠が大きく拡大したという点が影響しています。
前出の闘莉王、中村憲剛などは、おそらく1993年のJリーグ開幕当時なら、確実にプロにはなれなかった選手でしょう。
当時は10チームしかなかったわけで、リーグ全体の選手枠を考えれば、潜在能力はあるが、化けるかどうかわからない彼らを雇う余裕はなかったはず。

つまり、Jリーグのクラブが増えていくことは、遅咲きの選手、潜在能力がある選手を手広く拾い上げ、日本サッカー全体のレベルを上げることに大きく貢献するということになります。

しかし、今年はちょっと事情が違うみたいです。
今年の特徴は、優勝を狙えるほどのJ1チームで、10代ルーキーが大活躍しているということ。

果たしてこれらの10代ルーキーが将来の代表の中心になるのか、あるいは、J2、JFLから這い上がってスターになる選手がでてくるのか。
これもJリーグの楽しみ方の一つです。

もしあなたが、J2の小規模チームがある地域に住んでいるなら、こうした、将来性ある選手を探すという目線でチームを見にいくのも悪くありません。
規模の小さいチームは、選手とサポーターの距離は非常に近いです。
そして、そのチームの選手が将来大化けして代表の中心選手になったとき、あなたはこう言える特権を手にいれます。

「あの時オレ、○○選手と一緒に…」
--スポンサーサイト様--

観戦には万全の準備を
-------------------

totoNAVIメニュー

toto基礎知識ページ
toto予想のポイント
totoスケジュール
各試合解説予想!
--スポンサーサイト様--

カラダの悩みを解決!

-------------------

TOPページへ戻る

(C)totoNAVI
inserted by FC2 system